粗大ごみ回収の料金は人件費、なので持込がおすすめ。

粗大ごみ回収は専用のステッカーが割高に設定されているのは、収集の人の人件費がかかるから

ごみ処分場

粗大ごみ回収は専用のステッカーを貼る必要があります。しかし、そのステッカーは割高に設定されていることがほとんどでしょう。そのため料金が高いのですが、これは収集の人の人件費です。これが嫌ならば自分で車にごみを積んで収集所に持ち込むと良いでしょう。すると料金がぐっと安くなります。
おおよそ10キロごとに安い値段設定がされているのでステッカーを買うよりはかなり経済的です。これはつまり、粗大ごみ回収の申し込みをした人の住所に回収に行くのがそれだけ大変ということでしょう。
それに対し、収集所に持ち込みをしてくれるならば手間も予算もかなり安くなるのです。

どうやって捨てればいいのかわからないものは、収集所に持ち込んで引き取ってもらいましょう

家電製品は家電リサイクル法に基づいてごみに出すことができません。それ以外のごみは車に積んで、収集所に持ち込んでみましょう。そうすると意外なほどに家の中がすっきりします。
どこの家にもどうやって捨てればいいのかわからないものがごちゃごちゃとあるものです。物置などもいつまでも置いてあるガラクタがあり、容量を圧迫しています。
そういったものを収集所に持ち込むとあっさりと引き取ってもらえるのです。収集所の人も指定の住所にわざわざ行くよりは持ってきてもらったほうが格段に楽となっています。壊れたり錆びたりしたスコップやいつからあるのかわからないタイヤなど、捨てたほうがいいものはたくさんあるでしょう。そうしたものを収集所に持ち込んでいくことで生活にもだいぶゆとりができます。

ごみの回収は自治体にとっても負担なので、経済的にも収集所へ持ち込むことが望ましい

ただ、どうしても車につめないほどに大きなものは回収を依頼したほうが良いでしょう。あまり無理すると車を傷めることになってしまいます。どこの自治体でもごみの回収には頭を悩ましてるのです。ごみを持ち込んでもらえるというのは自治体にとってもありがたいことなので、回収するよりはだいぶ安上がりになるようにしています。
普通のごみも指定ゴミ袋を使わなければなりませんが、持込ならば指定ゴミ袋を使う必要はありません。
大型ごみだけでなく、普通の家庭ごみも持ち込んだほうが経済的なのです。ごみの回収は自治体にとってそれだけ負担であり、持込の負担が少ないといえます。
そうしたことを鑑みてもごみの持込はもっと増えてもいいと思うのですが、持ち込み自体できることを知らない人が多いです。そうした人がいたら収集所へ持ち込んだほうが経済的であると教えてあげたほうが良いでしょう。
粗大ゴミ回収は料金がかさばってしまいますが、持ち込めば安くすみます。どんどん家の中のごみを収集所に持ち込んでみましょう。